時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

人生において誰しも避けて通れない儀式のひとつに葬儀があります。故人の死を悼みその生前の姿を偲ぶ葬儀は、故人のためだけでなく残された人々が死を受け入れ、前を向いて生きてゆくための大切な儀式でもあります。日本では仏式による葬儀がほとんどですが、それぞれの宗派によって粛々と執り行われます。死を見つめることは大切ですが、普段の生活において葬儀のことに考えを巡らせることは少ないでしょう。日頃から万全の準備を整えておくことは難しいのですが、ある程度の知識を持つことは必要です。自分の葬儀を自分で仕切ることは出来ないので、希望や要望を身近な方に残しておくのもいいでしょう。最近ではエンディングノートなどを用意され、元気なうちに自分の最後の準備を進めている方もいます。

昔は葬儀の参拝客の数や規模によって故人の遺徳が偲ばれるような風潮もありましたが、現在では身内だけの小さな葬儀も多くなっています。また家族だけで見送って欲しいと、生前から希望される故人の方も増えています。少子高齢化が進み兄弟や親せきも少ない方が増えているという背景もあり、家族だけで行う家族葬も増え、新聞などの死亡欄に葬儀終了と告知する事例をよく目にします。いずれにせよこれからも、時代とともに葬儀のありかたは様々に変化をしていくことでしょう。自分らしい最後をどのように行うか、日頃より家族で話し合ったり情報を集めておくことが大切です。