時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

世界で注目を集めている環境に優しい葬儀方法

日本においての葬儀方法としては、以前までは土葬が一般的となっていました。ですが埋葬するための土地の減少のほかに、衛生面なども問題かあら火葬施設などが建設されるようになりました。いまでは土葬は一部限られた地域の身に残っている風習となっており、殆どが火葬をおこなう葬儀となっています。ですが火葬の場合でも二酸化炭素といった影響や骨壺にいれての埋葬にやはりスペースの確保が必要であり、懸念される声などもあるのは事実です。そんな葬儀の方法において世界的に注目を集めてきているのが、自然に優しい葬儀方法となります。

環境に考慮した葬儀方法などが考案されており、その中の1つとして樹木葬などがあります。樹木葬は自然埋葬法とよばれており、火葬した遺体は骨壺などにはいれず直接土に埋葬されます。そのご埋葬した上には墓石をおくのではなく木を植えます。そうすることで木の栄養となり、自然もふやせるという方法です。ですがこの方法の場合は火葬が行われるので、今では火葬せずに骨にするための方法などが研究されています。より自然に優しい葬儀方法は何かを考えることで、よりよい環境を守るための努力が行われています。また自身が亡くなった時に行う葬儀方法なども、環境に良い葬儀を選ぶ人も増えてきています。

おすすめ情報