時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

一般的な葬儀と家族葬の違いとは

一般的な葬儀と家族葬は何がどう違うのでしょうか。気になると言う人も多いでしょう。まず、家族葬の場合は、参列者を限定するのが普通です。ですから、葬儀後2週間をメドに、参列者以外の関係者へ死亡を知らせる通知を出します。一般的な葬儀の場合は、後ではなく前に出すので、これは大きく違うと言えるでしょう。また、家族葬の祭壇や焼香台は、基本的にはシンプルです。場合によっては、白木の祭壇をやめることもあります。代わりに、棺の前に焼香台だけ置き、棺のまわりは花で美しく飾ります。さらに、香典や供物や供花を辞退することも少なくありません。

辞退するときは、葬式の日程を知らせるときに、辞退する旨を失礼のないように伝えるようにしましょう。たまに、遺族が辞退すると言っているのにもかかわらず、香典を持参する人がいますが、これはマナー違反になると心得ておくことです。また、一般の葬式につきものなのが会葬礼状や返礼品です。家族葬では一人ひとりに直接お礼が言えるので、会葬礼状は出さないのが基本のようになっています。返礼品はケースバイケースですが、オーソドックスな返礼品ではなく、オリジナリティのある返礼品を渡すことが多いです。

おすすめ情報