時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

納得のいく葬儀を行うために

故人が生前家族葬を希望していた場合、それを実現させるために家族は足並みを揃ええて、みんなで協力することです。葬儀が終わったときの充足感が変わってきます。家族葬は徐々に認知度は高まってきていますが、まだまだ新しい形式と言っていいでしょう。分からないことも出てくるでしょうが、とにかく家族でよく話し合って、どんなイメージの葬儀にしたいのかをまとめましょう。そうしておけば、葬祭業者にも具体的な内容を相談しやすくなります。また、家族葬にすることを事前に親類に伝えるかどうかは悩みどころです。

新しいことにクレームをつけたがる人はいますし、世間体を気にする人もいます。なので、直前まで知らせない方が無難でしょう。もちろん、理解が得られそうと考えるのであれば、事前に相談することです。相手を見てケースバイケースで判断しましょう。そして、納得のいく葬祭業者を探すことも大事ですが、家族が亡くなってからではじっくり時間をかけて探すことはできません。そう言うこともあって、最近は生前から葬祭業者へ出向き、事前相談をする人が増えてきています。生前にそう言う相談をするのは縁起が悪いと考えられていましたが、今ではそうではなくなりました。

おすすめ情報