時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

葬儀を行う場所と言えば斎場

現在、自宅で葬儀を行う人は、全国平均で20パーセント以下と言われています。首都圏にいたっては7パーセント以下で、昔とは全然違うと言っていいでしょう。昔は自宅で行うのが普通でしたが、今では自宅で行うと珍しがられることもあります。自宅で行う人が減ったのは、個人の家が狭くなったことや集合住宅に住む人が増えたからと言われています。片付けが面倒と言う人も少なくありません。なので、家族の誰かが亡くなったら、葬儀の場所を選ぶ必要があります。場所を選ぶポイントとしては、まずは故人の遺志を尊重することです。

さらに、会葬者の数に合った場所でないといけませんし、交通の便のことも考えなくてはいけません。もちろん、経済状態に合った場所を選ぶと言うことも大事です。最近は、ホテルを選択する遺族も増えていますが、まだまだ斎場を選択する遺族が圧倒的に多いです。葬祭業者が経営する斎場に人気が集まるのは、やはりサービスが行き届いているからでしょう。進行もスムーズにいきますし、近隣に迷惑をかけることもありません。また、手伝いの人を頼む必要もないですし、近所の人に家庭の事情を詮索されずにすみます。多くの人から支持されるのも納得です。

おすすめ情報