時代とともに変化する葬儀のありかた

時代とともに変化する葬儀のありかた

今後も増えると予想される家族による葬儀

葬儀というと以前は、親類縁者が集まって大々的に行うというものでしたが、近年では核家族化が進み家族による葬儀、いわゆる家族葬が増えてきました。家族葬とは、ごく近い家族のみで行うもので、都会を中心に広まっている新しい葬儀の形です。

今でも地方に行くと、比較的近いエリアに親類縁者が住んでいるということがあり、冠婚葬祭などのイベントには近場から大勢の人が集まります。しかしながら、東京などの大都会では、地方出身の方も多く、近いエリアに親類縁者が生活しているということは少なくなってきています。従って、冠婚葬祭といえども親類縁者が集まるということではなく、仕事関係などのコミュニティーから、冠婚葬祭に人があるまることが多いと言えます。

つまり、近いエリアに生活している親類縁者というコミュニティーから仕事関係というコミュニティーが、特に大都会などの場合には生活の中心となってきています。従って、葬儀のように仕事から離れた後でのイベントの場合には、仕事関係の方が集まることも少なくなり、家族葬などが増えることとなっています。少子化が進む昨今では、大都会ばかりではなく、地方などにおいてもこの傾向は強まると考えられます。

おすすめ情報