広島市出会い系サイト体験談

【ハッピーメール広島市体験談】キャバ嬢(22)の猫を助けたらフ〇ラしてくれた

皆さん、こんにちは。
広島市に住んでる普通のサラリーマン「しんや」30才です。

 

今回はハッピーメール

広島市内の現役キャバ嬢と出会って

フ〇ラしてもらった体験談です。

(セ〇クスはさせてくれませんでした・・・)
(オマ〇コは見せてくれました)

 

「お客さんになってくれるかもしれんけん」

ハッピーメールを使って
キャバクラのお客さん候補を探していたYちゃん。

初めて会った時に
溺愛している猫を連れてやって来ました。

でも、
突然ぐったりして
痙攣してしまったYちゃんの猫。

舟入の動物病院まで車で乗せてったお礼に、自宅に招待されてチ〇ポを舐めてくれました。

 

ちょっと生意気だったけど、
本当は性格が良い素敵な女の子でした。

Yさんのプロフィール

・友里さん(仮名)22才
・市内のキャバ嬢
・今井華に雰囲気が似てる
・スレンダー体型
・Cカップ
・ハッピーメールに登録した理由は、キャバの客集め。

「お店に遊びに来てくれるかも?」足あとつけてたのは、広島市内の現役キャバ嬢

 

ハッピーメールにログインすると、
「足あと」を残してくれていたYちゃん。

写真を見ると「バリバリのギャル系」の女の子。

 

普段ギャルは遠慮していますが、

「今回は誘われてるのかも?」

と思ってメッセージを送信。

 

「店に来てくれるかもしれんけ」

「足あと残しただけ」

という
営業目的100%のメッセージが返ってきました。

 

「売れてないキャバ嬢の営業か・・・」

とも思いましたが、
この日はハッピーメールに目ぼしい女の子はゼロ。

 

「今度、お店に遊びに行くね~」

とメッセージを送ってお別れする事にしました。

 

「じゃあ、LINE教えてあげる」

「絶対、飲みに来てよね」

頼んでもいないのに、
IDを教えてくれたYさん。

 

その日はそれだけのメッセージで終わったけど、次の日からYちゃんは何度もLINEを送ってくるのです。

 

でも、

「まだ来てくれないの?」

みたいな内容ではなく、普通のおしゃべりを楽しみました。

(生意気な感じですが、実は寂しがり屋なのかもしれません)

キャバ嬢に普通のデートに誘われた

 

LINEを始めて10日くらいしてから

「明日、会ってあげてもいいよ?」

とLINEしてきたYちゃん。

 

「なんだよ。面倒くさいな・・・」

と思いつつ、
Yちゃんの家の近所の公園で会うことにしました。

 

「かわいいでしょ~♡」

「コタロウって名前なの♡」

Yちゃんが抱いていたのは、
ちいさいアメリカンショートヘア。

 

溺愛しているみたいで
ネコと話してる時は、
可愛い女の子の顔でした。

 

そんな時、
ベンチに座ってYさんとしゃべってると、突然ぐったりしたコタロウ君。

 

小さく震えてる愛猫を見て、

「え?どうしよう…」

Yちゃんはパニックになって、泣き出してしまいました。

 

スマホで調べると、
ここからすぐ近くに診察をしている動物病院が1軒。

僕の車にYちゃんとコタロウを乗せ、急いで向かうことにしました。

 

先生に診てもらうと、
原因は最近変えたエサ。

2,3日安静にすれば、回復するそうです。

 

動物病院を出て、安心したみたいで笑顔のYちゃん。

「お礼したいから家に来て」

たまたま動物病院まで車で連れて行ってあげただけなのに、キャバ嬢の自宅へ誘われてしまったのでした。

「帰ります・・・」コーヒーだけ飲むつもりだったのに、ご飯を作ってくれた

 

「ありがとう…」

部屋に案内されてからも、
頭を下げてお礼を言ってくるYちゃん。

 

コーヒーでも飲んで
すぐ帰るつもりでしたが、

「ご飯作るから食べてって」

と言ってくるのです。

 

「大丈夫ですよ」
「コタロウ君の面倒を見ててあげて下さい」

と断っても、

 

「コタロウの命の恩人なんじゃけ」

「ウチの気が済まん!」

 

(そこまで言うなら・・・)

僕はソファに座って、テレビを見ながら待っていました。

 

「なんも無くて、これしか作れなくてゴメンね」

味噌汁と玉子焼きとウインナーを焼いてくれたYちゃん。

最近、コンビニ弁当しか食べてなかったので、これだけでも十分にごちそうです。

 

薬が効いて体調が良くなったのか、
コタロウが僕の足元に近づいてきて、そのまま眠ってしまいました。

 

「コタロウも感謝してるみたい(笑)」

大好きなコタロウが良くなって喜んでるYちゃん。

 

僕の横に座って、

「今日はホントにありがと」

「うち1人だったら、パニックになってただけだった」

僕のカラダに頭をくっつけてきました。

 

「うち、ホンマは寂しかったんだ」

「友達もおらんし・・・」

そのまま僕の手を握り、

「手、あったかいね」

と言ってきたYちゃん。

顔を近づけてキスをしようとすると、目を閉じて受け入れてくれました。

 

キスが終わって少し顔を離すと、
大きな目で見つめてくるYさん。

(これはH出来てしまうのか?)

期待してアソコは少しずつ大きくなってしまいます。

おっぱいを見せてくれたあと、チ〇ポを舐めてくれた22才

 

Tシャツをめくると、黒いブラからハミ出しそうなおっぱい。

(これがお金を払ってお店に行ってる客が見たいおっぱいか・・・)

ブラを外しておっぱいを揉んでいきます。

 

マシュマロみたいに柔らかい乳房と、少し立ってるピンク色の乳首。

舐めてみると、

「んっ・・・」

身体を少しくねらせて感じていました。

足元でまだネコが眠ってるからか、
アエギ声を出さないYちゃん。

「んっ・・・んんっっ・・・」

口から小さく漏れる吐息が

「ダメな事をしてるんじゃないか?」

と背徳感に襲われながらも、興奮してしまいます。

 

ちょっとキツそうなジーンズを脱がすと、ブラとお揃いの黒いパンツ。

 

指を入れてオマ〇コを触ってみると、

「あ、あ、あん…」

さっきよりも少しだけ大きな声を出して感じていました。

 

「そこ気持ちいい・・・」

身体をモゾモゾ震わせながら、自分でパンツを脱いだYちゃん。

 

ソファの上に横になってもらって、股を大きく開いてみました。

 

オマ○コを舐めると、

「やだ、やだ、だめっ・・・」

と言いながらも、僕の口にマ〇コを押し当ててくるYちゃん。

 

自分でおっぱいを下からムギュッと持ち上げ、揉んでいました。

 

硬くした舌を使ってクリを舐めていると、

「あぁぁっんっ・・・」

「やば・・・イクかも・・・」

今度は自分で乳首をコリコリさわり、さっきよりもマ〇コを押し付けてきます。

 

ビクビクっ

細かく下半身が震えたあと、

「ごめん、先にイっちゃった」

1人でイってしまったYちゃん。

 

「今度はうちに舐めさせて…」

そう言って僕のパンツを脱がしてくれて、チ○コに唾を垂らしてきました。

じゅるじゅる
じゅるじゅるっ

「気持ちいい?」

ソファに座ってる僕と、床に座りながらチ〇ポを舐めてくれるYちゃん。

 

先っぽを舐めたり、奥まで咥えたり。

上目づかいで僕の顔を見ながら舐めてくれます。

 

「イキそう・・・」

普段はそんなに早漏ではないと思うけど、
この日は舐められてから1分くらいでイキそうになってしまった僕。

 

「いいよ、出して」

Yちゃんの頭を掴んで
僕の気持ちいいタイミングで動かしていきます。

 

「んぐっ・・・んぐっ・・・」

奥まで咥えさせたみたいで、
嗚咽を出してしまったYちゃん。

 

(ごめん・・・)

と思いつつも、
喉の奥に亀頭が当たると気持ち良いので、止めることなんて出来ません。

 

ビクビクっ

びゅる~

足に力が入った瞬間、
ちんこから発射してしまった精子。

 

普段は数滴出たら終わりなのに、
この日はどんどん精子が出てしまいます。

 

口の中にすべての精子を出した時、

ニッコリしながら口を開けて

出たばかりの精子を見せてきたYちゃん。

 

ティッシュに吐き出したあと、

「すごいいっぱい出たね」

「奥に入れるから苦しかった!」

と怒られてしまいました。

 

「ごめんね」
さっき自分の精子を出してしまった口にキス。

 

「え?まじで?」

「そんな人、はじめて」

驚いた顔をして僕の顔を見るYちゃん。

 

「汚いものを口に出しちゃったから、同じ思いをしないとね」

と言ってみました。

 

「うれしいかも・・・」

そんな事を言ってくれたあと、

 

「Hはダメだけど、もう1回出していいよ」

セ〇クスは断られたけど、
シックスナインをした僕たち。

 

「お店に行く準備しないと」

というので、
1時間くらい22才キャバ嬢のマ〇コを堪能してから自宅に帰りました。

 

→フ〇ラしてくれたYちゃんがいたのはこのサイトです

(キャバ嬢って結構多いので、狙い目だと思います)
(猫を抱いてるギャルの写真は、Yちゃんかもしれません)

こちらも読まれています