広島市出会い系サイト体験談

【広島市ワクワクメール体験談】「先にイったらダメよ?」夫婦喧嘩していた43才美人妻と浮気セ〇クス

皆さん、こんにちは。
広島市に住んでる普通のサラリーマン「しんや」30才です。

今回はワクワクメール
43才人妻とセ〇クスした体験談
を紹介しています。

旦那の浮気が発覚するまで
仲が良い夫婦生活をすごしていたYさん。

「悔しい・・・」
「あんな小娘のどこがいいのよ!」

尽くしてきた旦那に裏切られた仕返しをする為、

ワクワクメールで
「浮気してくれる男性」
を探していました。

 

「アイツよりも気持ちいい・・・」
「もっといっぱいして!」

他人のチ〇ポで喘いでいる
美人妻の極上のフ〇ラとマ〇コは
最高に気持ち良かったです
ヾ(*´∀`*)ノ

Yさんのプロフィール


・靖子さん(仮名)43才
・主婦、子供なし
・中村アンを10才くらい年を取らせた感じ
・スレンダー体型
・Bカップ
・歯並びがキレイな美人タイプ
・ワクワクメールに登録した理由は、ダンナの浮気。

ワクワクメールで登録したばかりの広島市の人妻を発見

「話し相手になってくれる方を探しています」

ワクワクメールでプロフィールを検索していると「登録したての既婚者」43才のYさんを見つけました。

写メも載せてない43才。

(結婚出来なくて売れ残ってる熟女はイヤだな)

と思いましたが、

「登録したばかりの女性はヤレる可能性が非常に高い」

という僕の経験から、メッセージを送ってみることにしました。

女性からメッセージの返事が届いたのは、
「ダメだったかな?」
と諦めかけていた3時間後。

「出会い系サイトって初めてで使いづらくて・・・」

「私のIDはコレなので、LINEを送って貰えませんか?」

奇跡的にLINEを教えてもらうことに成功。

 

LINEを送ってみると、

「話し相手を募集って書いてたんだけど」

「ホントは旦那に浮気されたから、遊んでくれる人を探してたんだ」

と教えてくれたYさん。

「あんな女のどこがいいのよ!」

「絶対に許さない!」

そう言ったあと、

「これからお酒でも飲みに行かない?」

上手すぎるほど、
話はスムーズに進んで行きました。

Yさんは戸坂に住んでいて、浮気したダンナは今朝から1泊でゴルフに行っていて留守。

 

念の為に地元を離れて
広島市駅前で飲む約束をしました。

約束は18時に「広島駅北口の朝の像の近く」に決めて、早めに待ち合わせ場所に行くことにしました。

待ち合わせ場所に来たのは信じられない美人妻だった

時間より少し早く、広島駅の北口に到着。

Yさんの写真はまだ見せてもらってないので、不安は消えません。

(旦那がいるってことは、結婚した当時はブスじゃないはず)

少しの望みを胸に
18時になるのを待ちます。

「着いたよーどこにいるのかな?」

駅の方からスマホを手にしながら歩いてくるキレイな女性を発見。

「あの人では絶対にない」
「どこにいるんだ?」

そう思いながら周りをチラチラみて、

「Tシャツにジーンズでスマホを手に持ってます」

とLINEを送ってみました。

 

「あーはじめまして~」

僕に声をかけてきたのは、
さっき見ていた美女・・・

43才には見えないスタイルの良さ。
キレイにセットしてあるロングヘア。

「言い過ぎだよ!」
「絶対にウソだろ!」

とツッコまれるかもしれませんが、
中村アンを10才くらい年を取らせた雰囲気です。

(うわ・・・マジか・・・)

想像を遥かに上回る美人の登場に
声を出すのを忘れてしまう僕。

 

「じゃあ、行こっか~」

「肉バルに最近ハマってるんだよね」

予想以上の美しさにビビって放心状態の僕の腰を押してきたYさん。

一緒に広島駅近くの肉バルへと歩いて行きました。

「どうして男って浮気するの?」相談に乗っていたらホテルに誘われてしまった

「このお店、チーズも美味しいんだ~」

お店に入ると意外と女性も多く、

(肉食系女子って確かエロいんだよな・・・)

自然と期待が高まってしまいます。

「じゃあ、ビール2つと~・・・」

年上だからかYさんはどんどん、
メニューを決めてくれます。

乾杯してビールを飲むと、

「おいしい~!」

満面の笑顔を見せてくれるYさん。

緊張してるのは僕だけだったみたいで、
どんどんビールをおかわりして飲んでいます。

 

楽しく飲んでいた時、

「ねぇ、どうして男って」

「浮気するの~?」

旦那が浮気しているのを見つけて、
ワクワクメールに登録したというYさん。

「今日は絶対に仕返しするんだから」

僕の目を見つめながら言ってきます。

 

「どうして浮気するの?」
なんて聞かれても、普段から出会い系サイトを使ってる僕に、「Yさんが期待してる答え」を言えるはずがありません。

でも、

「教えてよ~」

としつこく聞いてくるので、

「ん~」

「新しい物が欲しくなっちゃうからかな?」

と言ってみました。

そうなんだぁ・・・

なんとなくわかる。

Yさんの旦那にもそういうところがあるみたいで、なんか納得してくれました。

僕の目を見ながら

「じゃあ、君もそうなのかな?」

聞いてくるYさん。

「浮気した事ないので、ちょっとわかりません」

と答えてみると、

エライ!
もう1杯飲もう!

ビールを飲み続けてるYさんの目はとろーんとしてきました。

「ねぇ・・・次どうする?」

「私は行く気マンマンなんだけど?」

ダンナに浮気された仕返しに
他の男と肉体関係を持つ相手は

数時間前にワクワクメールで知り合った僕に決定された様子。

ホテルに行くことに決めて、
お店を出ることにしました。

ラブホに向かうタクシーでキス。酔ってる人妻はエロかった

お店を出ると酔ってるからか、腕を組んできたYさん。

「誰かに見られちゃいますよ?」

と言っても、

「全然いいんだもーん!」

「アイツに後悔させてやるんだから!」

吹っ切れたようで、
何も気にしていない様子でした。

なので、
服の上からおっぱいをツンと触ってみると、

「エッチなんだから~」

「あとでいっぱいさわってね♡」

カラダを密着させてくるのです。

 

フラフラになっていて歩けそうにないYさんと、停まっていたタクシーに乗ってラブホテルに向かいます。

タクシーに乗っても中でもカラダを密着させたままのYさん。

手を握ってズボンの上から
僕のチ〇ポを触らせてみました。

何も言わずに無言のまま
チ〇ポを触ってくれるYさん。

(運転手さんには悪いけど・・・)

と思いながらキスをしてみました。

 

抵抗もしないで
舌を絡ませてくれるYさん。

僕が手を離しても、そのままチ〇ポをさわってくれています。

ラブホに到着してタクシーを降り、
部屋に入るとすぐにキス。

ズボンの上からマ〇コを触ってみると気持ち良かったのか、腰が砕けたように座り込んでしまいました。

触っただけでイっていたのかもしれません。

ヌルヌルになってる亀頭を指で攻められ、イってしまう・・・

服を脱がしてみると、
黒のブラジャーをしていたYさん。

白い肌と小さいけど、形のいいおっぱい。

自分からブラを外して

「恥ずかしいけど、見て・・・」

おっぱいを見せてくれました。

 

ビンビンに勃っていた小さめの乳首。

「キレイな顔にHな乳首ってエロすぎ・・・」

少し黒い乳首は色気があって、

見てるだけで興奮してしまう
いやらしい人妻の乳首でした。

「私だけ見せるなんてズルいぞ?」

「キミのも見せて」

ズボンと一緒にパンツも脱がされ、
ギンギンに勃起したチ〇ポが
人妻に見られてしまいました・・・

 

「うわ・・・」

「なんかおっきいし・・・」

それに・・・
先っぽ濡れてるよ?

目の前で見られて
ただでさえ恥ずかしいのに、

我慢汁で濡れてる亀頭を指でニュルニュルされてしまった僕。

刺激が強すぎて、Yさんの手を握って手の動きを止めてしまいました。

「止めたらダメだよー」

飲んでいた時からうっすら気付いていましたが、
Yさんの性癖は多分S。

「ガマンしないとダメだからね~」

それから1分間くらい、

「亀頭だけを責められる・・・」

というプレイに
耐えないといけないのでした・・・

「絶対に先にイったらダメだからね」気持ち良すぎるアソコで限界突破

美人妻の指を使った亀頭責めで
イカされそうになりながらも、
なんとか耐え抜いた僕。

 

でも
そのままフ〇ラをされてしまい、

あえなく1発目の射精をしてしまいました・・・

(なんなんだよ・・・上手すぎるじゃないか・・・)

僕に敗北感を味わせたのが嬉しかったのか、

「お風呂行こ?」

Yさんは僕の目の前で服を脱ぎ、
全裸になってお風呂へ入っていきました。

 

スレンダーなカラダ。
キレイに処理されてるマン毛。

 

お風呂でYさんのハダカを堪能して身体を洗ってあげたあと、ベッドへ行きました。

「今度は私を気持ち良くしてね」

全裸になったYさんに、まずは風俗で言うところの「全身リップ」をしてみることにしました。

キスをして、首筋から乳首。
脇腹を舐めて背中を舐めていきます。

気持ち良くなってきたのか
Yさんは自分の指で、マ〇コをさわっていました。

 

それでも
僕はカラダを舐めるのを止めず、
お尻を舐めて太ももを舐めていきます。

 

太ももを舐めてる時、

僕の頭をつかんで
マ〇コへと誘導していくYさん。

僕は舌を固くしてクリを舐めていきました。

「あぁ・・・そこ・・・いぃ・・・」

僕の頭を持ったまま、
顔をマ〇コに押さえつけてくるYさん。

ビラビラを吸ったり、
舌を穴に入れてみたりしていきます。

足を自分から大きく開いて
舌が奥まで入るようにしてきます。

 

アエギ声も大きくなり、
今度は自分でおっぱいを揉んでいました。

(美人だって関係なく、人妻ってやっぱりエロいんだ・・・)

(普段から旦那にやらせてるんだろうな・・・)

1回射精していたけど、
人妻の性欲のエロさに感動して、再び勃起していたチ〇ポ。

Yさんの顔の方に向けて、
舐めてもらうようにしてもらいました。

相変わらず気持ち良いYさんのフ〇ラ。

「そろそろ入れて・・・」

クンニされて気持ち良くなったみたいで、挿入されたくなったYさん。

(さすがにゴムは付けないとダメだろうな)

生で入れたかったけど、
コンドームを着けてマ〇コに入れていきました。

「うっ・・・キツイ・・・」

すんなりと入ったけど、
膣の中でチ〇ポを締め付けてくるオマ〇コ。

ウニュウニュと亀頭を包み込んできて、あっという間にイカされそうになってしまいます。

「私がイクまで出したらダメよ?」

そんな事を言われても、
すでに発射寸前・・・

「も、もう出ちゃいそうです・・・」

「絶対にダメぇぇぇ!」

そんな事をいまさら言われても我慢することなんて出来ず、ナイショで1回発射してしまいました。

 

それでも
バレないように腰を振り続けたおかげで、Yさんをイカせることに無事成功。

しかも、
1回イっていたおかげで持続力は長く、Yさんを2回連続でイカせてみたのでした。

はぁはぁ・・・
はぁはあはぁ・・・

「年下なのにHうまいね?」

キスをしながら言ってくれたYさん。

 

もう1回Hをして
タクシーに乗って広島駅まで送っていきました。

 

それから1週間たって、

「またHしよ?」

LINEで誘われてもう一回セ〇クス。

あれから旦那と仲直りをしたので、今は会ってはいません。

→43才美人妻と出会えたのはこのサイトです(R18)

「また旦那が浮気してくれないかな?」

「そしたら美人妻とH出来るんだけどな・・・」

(旦那とケンカした人妻。欲求不満の人妻を探すならワクワクメールが最強だと思います)

2回目にセ〇クスした時に隠し撮りをした写メを見ながらYさんを思い出してます。

こちらも読まれています