広島市出会い系サイト体験談

【広島市ワクワクメール体験談】「早く舐めてほしいな」安佐南区のコンビニ店員と朝までセ〇クス

皆さんこんにちは。
広島市内に住んでいる30才しんやです。

 

今日はワクワクメールで見つけた
安佐南区のコンビニでバイトしている23才の女の子とセックスした体験談を紹介します。

Hちゃんのプロフィール


・ヒロミちゃん(仮名)23才
・安佐南区のコンビニでバイト
・森三中の村上さんを少し痩せた感じの顔
・Dカップ
・敏感体質で濡れやすい
・経験人数は自称10人くらい
・安佐南区祇園在住

ワクワクメールで1ヶ月前に見つけたフリーターに誘われた

 

1ヶ月前にワクワクメールで見つけたあと、

「明日、あそびたーい!」

毎日のようにLINEをくれていたHちゃん。

 

「もったいない」
と思っていたけど、会わずに放置してしまっていました。

 

せっかく会えそうなのに放置していた理由は、

超エロい美人OLがセフレになってくれたから。

そんな理由で、ワクワクメールで見つけたHちゃんとは疎遠になっていました。

 

LINEがこなくなって2ヶ月。

「もう忘れられただろう・・・」

と思っていたのに、

久し振り~元気?
ねえ、今何しよるん?
今、横川に来てるんだけど、遊べないかな?

HちゃんからLINEが来ました。

 

この日はセフレと会う約束をしていたのに、キャンセルされて予定が無くなっていた僕。

迎えに行く。
横川駅でいい?

やったー!
ドライブ連れてって!

セ〇クスするつもりがキャンセルになってムラムラしていたので、Hちゃんに会う事にしました。

横川駅で待ち合わせ。夜景スポットまでドライブのはずが

 

横川駅に車を止めると、
手を振りながらやって来たHちゃん。

白いシャツに、チェックのスカートというAKBっぽい服装でした。

(顔は森三中なんですけど・・・)

 

ごめんね、いきなり呼び出して。

ドライブしたいだけだから、適当に走ってほしいな。

 

(セ〇クスしたいし、ムードが大事かな?)

そう思った僕は、
鈴が峰公園まで車を走らせようとしました。

(夜景を見せれば、そんな気分になってくれるかも?)

そんな風に思ったからです。

 

でも、
夜景を見る前に

おちんちんが見たい!

と言ってきたHちゃん。

マジ?

と聞くと、

大マジじゃ!

僕は西区のラブホテルまで急行することにしました。

「チ〇ポを見たい」と言ってきたHちゃんは、運転中の僕に

ホテルに入るまで、オマ〇コさわってくれないかな・・・

無理なら、おちんちん触らせてほしいの・・・

無理難題を突き付けてくるHちゃん。

ん~・・・
じゃあ、マ〇コさわってくかな?

ラブホに到着するまでの間、
パンツの上から手マンを続けた僕。

 

パンツの上からでもわかるくらい、オマ〇コはビチョビチョに濡れてしまいました。

(ワクワクメールのHちゃんは、とんでもないドスケベ女でした)

ラブホに入ると即フ〇ラしてくれる23才・・・

 

ラブホに到着して部屋に入ると、

もう我慢できん!

僕のパンツを脱がして
チ〇ポを口に咥えたHちゃん。

(まじか・・・こんなのデリヘル嬢でもしてくれないよ?)

即フ〇ラされてしまい、
ビビってしまう僕。

おちんちん、ずっと舐めたかったの~!

 

「僕のチ〇ポ」のことなのか、
「誰のチ〇ポでも良かったのか」は不明ですが、

ベロベロ

じゅるじゅる

Hちゃんは音を出しながら
フ〇ラを続けていました。

 

「パンツだけ脱いでフ〇ラをされる」

という行為は、
何故か普通のフ〇ラよりも気持ちが良くて、

あ、ダメ・・・
出ちゃうっ・・・

普段よりも相当早く、
イキそうになってしまいました。

出していいよ。
飲んであげる。

 

我慢出来ずにそのまま
口の中に精子を発射してしまいました・・・

(なんなんだこの子は・・・エロすぎじゃないか・・・)

 

じゃあ、お風呂入ろ♡

チ〇ポを舐めて、
落ち着いた様子のHちゃん。

服を脱いで全裸になり、
お風呂へ向かっていきました。

 

早くおいでよ~

 

Hちゃんに言われて、僕も全裸に。

お風呂でHちゃんのカラダを洗って、そのままベッドへ行きました。

ク〇ニで絶頂寸前。最後はごっくんしてお掃除フ〇ラ

向かい合ってベッドに座りディープキス。

Dカップのおっぱいを下から持ち上げるように揉んでいきます。

あん・・・
おっぱいもきもちいい・・・

お風呂で手マンをしたので、
敏感になっていた23才のカラダ。

乳房を揉んでるだけなのに、
目を閉じて本気で感じていました。

 

お風呂で見ていたけど、
少し黒くて残念な乳首。

(23才でこれって逆にエロいかも・・・)

 

乳首を優しく舐めてみると、

舐められると気持ち良くなっちゃう・・・

マ〇コを触って欲しいのか、
自分から足を広げてきたHちゃん。

入り口はすでにヌルヌル状態。

どう?きもちいい?

僕はHちゃんのオマ〇コに、人差し指と中指を入れていきます。

ナカに指を入れていくと、
簡単に奥まで入っていたオマ〇コ。

 

少しだけ膣壁を刺激して指を抜いてみると、マン汁がびっしょり指に絡みついていました。

 

その指を見せると、

やん、恥ずかしい・・・

と言ったHちゃん。

 

口の前に持っていくと「恥ずかしい」と言っていたくせに、自分のマン汁がついてる指をペロペロ舐めてきます。

 

「その行為」を見てなんか興奮してしまった僕。マン汁であふれてるマ〇コを舐めてみると、

もっと、もっと舐めて!

Hちゃんは僕の口にマ〇コをグイグイ押し付けてくるのです。

く、くるしい・・・

このままではマ〇コで
窒息してしまいそうなので、

舐め合いっこしよっか

と提案。

 

僕があお向けになって下からマ〇コを。

Hちゃんが上から咥えてくれます。

んふっ・・・
んんんっ・・・

マ〇コを舐められて感じていても、口からチ〇ポを出さずに舐め続けてくれるHちゃん。

 

口からチ〇ポを離した時、

ねえ、このまま入れてもいい?

騎乗位セ〇クスをリクエストしてきたのです。

 

待ってね。
ゴム着けたげる。

枕元のコンドームを取り、
口を使ってゴムを着けてくれたHちゃん。

(本当にデリヘル嬢みたいですw)

 

ゴムを装着してもらったあと、僕は横になったまま「気をつけ」の姿勢で待機。

 

僕のチ〇ポを握ったまま、
上から挿入してきたHちゃん。

 

んっ・・・あぁぁっ・・・

 

勢いよく乗ってきたせいで、いきなり奥までチ〇ポは入ってしまいました。

 

チ〇ポが1番奥に当たってるまま、腰を振ってくるHちゃん。

奥まで入ってるっ
きもちいいトコにあたってる!

 

根っからのスケベなのか、
エロ本みたいなセリフを喋りながら腰を振ってきます。

 

指を入れた時に気付いていましたが、あまり締まりが良くないオマ〇コ・・・

 

ただ横になって黙ってるだけの僕は、Dカップくらいの大きなおっぱいが揺れるのを、じっくりと鑑賞していました。

 

そのあとはバックと正常位でHちゃんをイカせようとチャレンジ。

 

相変わらず

あんっ・・・壊れちゃう・・・
うちのオマ〇コ壊れちゃうっ!

しんや君のチ〇コ大好き!

エロ漫画やAVみたいなセリフを言いながら、大声で喘いでいたHちゃん。

(こういうので興奮する人もいるかもしれませんが、僕はちょっと・・・って感じです)

 

途中で何回か先にイっていたHちゃんのオマ〇コは、さっきよりも少しキツくなっていて、僕はやっとイキそうになっていました。

イってもいい?

 

いいよ。きて
お願い、きて!

うちもイク!
イっちゃうー

射精したチ〇コをマ〇コから抜き、自分でゴムを外してティッシュで包もうとしていた時、

ちょうだい♡

と言って、
コンドームの中の精子を飲んだHちゃん。

 

おいしい♡

と言っていましたが、本当に美味しいのでしょうか?

(それとも、愛情表現の1つなのでしょうか?)

今日はやっと会えたし、
泊まっていきたいな。

明日は休みなので、
そのままラブホに泊まりました。

朝起きてから1回セ〇クス。

チェックアウトの時間になったので、家まで送ってあげました。

 

「またエッチしようね♡」
と約束をしましたが、

エロ漫画みたいな「あのセリフ」がどうしても受け入れられず、あれから何度もLINEが来ていますが、結局会ってません。

 

23才とは思えない性欲とテクニック。

Hちゃんは今もPCMAXの掲示板に書き込んで「相手を探している」みたいなので、興味がある男性は1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

(顔とカラダは普通レベル。エロさはMAXだと思います。)

 

→23才コンビニ店員と出会ったのはこのサイトです(R18)

(女の子に「エロい言葉を言わせたい!」という男性にはHちゃんはピッタリだと思います☆)

こちらも読まれています